本日は「エイプリルフール」ですが、この特設ページ内に記載されている情報は、全てホントです。

4月1日「エイプリルフール」 嘘をついてもいい日。
そんな日だからこそ、伝えたい。
もう一度、考え直してもらいたい。
「嘘」のこと。「情報」のこと。
人を傷つけないために。
自分の身を守るために。

「嘘」ってついてもいいのかな?

『エイプリルフールは「嘘」をついてもいい日』だからって、どんな嘘をついてもいいのかな?

モグランがエイプリルフールに嘘をついたよ。

※実際に画像のようなアカウントや投稿は存在しません。

どれも、モグランにとっては、ただの「嘘」。
でも、「今から、サーバーを荒らしに行きます」なんて言ったら、困ってしまう人がいるよね。
「今から、大きな地震が起きるみたいだよ」なんて言ったら、もっとたくさんの人が困ってしまうよね。
「嘘」はついてもいいけど、人に迷惑をかけるのは絶対にダメ。
「お兄さん、とってもいい声してますね!」っていうのは、嘘だったとしても、喜んでくれるかもね…!
(でも、嘘だってバレたら大変だから、気を付けてね)

その「情報」は信頼できる?

「エイプリルフール」には、身の回りにたくさんの「間違った情報」が飛び交います。
でも、実はそれって、「エイプリルフール」だけじゃないんです。
常に身の回りには、たくさんの「間違った情報」が存在しています。
人間が発信しても、AIが発信しても、間違ってしまうことはあります。わざと、嘘をつく人もいます。
「情報」を受け取る側が、間違った意味で理解してしまうこともあります。
「情報が信頼できるのか」「情報が伝えたいことは何なのか」を確認することはとても基本のことだけど、とても大切なことなのです。

「情報」について気を付けること

  • 誤解されない伝え方をしよう
  • 情報を発信しているのが、信頼できる機関か確かめよう
  • インターネットで調べてみて、いろんな情報に触れてみよう
  • まだ、誰も「正解」を知らないこともあるよ
  • 「情報」はうのみにしないようにしよう

「アカウント」を守るために

あなたは、「アカウント」を守ることができていますか?
Discordでは、アカウントが乗っ取られたことによる荒らし行為が度々確認されています。
これは、もしかしたら、他人事ではないのかもしれません。

インターネット上の悪質なサイトや、近所のフリーWi-Fiスポットなど、様々なところから、常に「アカウント」の情報は狙われています。
メールアドレスとパスワードを使いまわすのは、とても危険。
インターネット上で、買い物をしたことがある人は、住所などがバレてしまうこともあります。

「アカウント」の情報がバレてしまうと、インターネット上の仲間や、家族などに迷惑をかけてしまうことがあります。

サービスごとに、別々の強固なパスワードを設定することや、「二要素認証」を設定することで、アカウントへの不正ログインを防ぐことができます。
大切な「アカウント」を守るためにも、インターネット上の仲間や、家族に迷惑をかけないためにも、ぜひ設定を検討してみてください。

ISSの「情報」への取り組み

情報共有サーバー(ISS)では、「情報」を取り扱い、運営をする団体として、様々な取り組みを行っています。

  1. 情報提供などがあった場合、団体として対応・対処を行う前に、情報の事実確認などを行っています。
  2. 誤った情報を共有・発信することのないよう、確認を行っています。
  3. 団体の透明性を維持するため、「活動報告」などの公開を行っています。
  4. 団体で取り扱う情報は、外部に漏洩することのないよう、特に重要な情報については、厳重に管理を行っています。
  5. 誤った情報の送信を発見した場合、削除などの対処を行います。

 

4月1日「エイプリルフール」 嘘をついてもいい日。
そんな日だからこそ、伝えたい。
もう一度、考え直してもらいたい。
「嘘」のこと。「情報」のこと。
人を傷つけないために。
自分の身を守るために。

「嘘」ってついてもいいのかな?

『エイプリルフールは「嘘」をついてもいい日』だからって、どんな嘘をついてもいいのかな?

モグランがエイプリルフールに嘘をついたよ。

※実際に画像のようなアカウントや投稿は存在しません。

どれも、モグランにとっては、ただの「嘘」。
でも、「今から、サーバーを荒らしに行きます」なんて言ったら、困ってしまう人がいるよね。
「今から、大きな地震が起きるみたいだよ」なんて言ったら、もっとたくさんの人が困ってしまうよね。
「嘘」はついてもいいけど、人に迷惑をかけるのは絶対にダメ。
「お兄さん、とってもいい声してますね!」っていうのは、嘘だったとしても、喜んでくれるかもね…!
(でも、嘘だってバレたら大変だから、気を付けてね)

その「情報」は信頼できる?

「エイプリルフール」には、身の回りにたくさんの「間違った情報」が飛び交います。
でも、実はそれって、「エイプリルフール」だけじゃないんです。
常に身の回りには、たくさんの「間違った情報」が存在しています。
人間が発信しても、AIが発信しても、間違ってしまうことはあります。わざと、嘘をつく人もいます。
「情報」を受け取る側が、間違った意味で理解してしまうこともあります。
「情報が信頼できるのか」「情報が伝えたいことは何なのか」を確認することはとても基本のことだけど、とても大切なことなのです。

「情報」について気を付けること

  • 誤解されない伝え方をしよう
  • 情報を発信しているのが、信頼できる機関か確かめよう
  • インターネットで調べてみて、いろんな情報に触れてみよう
  • まだ、誰も「正解」を知らないこともあるよ
  • 「情報」はうのみにしないようにしよう

「アカウント」を守るために

あなたは、「アカウント」を守ることができていますか?
Discordでは、アカウントが乗っ取られたことによる荒らし行為が度々確認されています。
これは、もしかしたら、他人事ではないのかもしれません。

インターネット上の悪質なサイトや、近所のフリーWi-Fiスポットなど、様々なところから、常に「アカウント」の情報は狙われています。
メールアドレスとパスワードを使いまわすのは、とても危険。
インターネット上で、買い物をしたことがある人は、住所などがバレてしまうこともあります。

「アカウント」の情報がバレてしまうと、インターネット上の仲間や、家族などに迷惑をかけてしまうことがあります。

サービスごとに、別々の強固なパスワードを設定することや、「二要素認証」を設定することで、アカウントへの不正ログインを防ぐことができます。
大切な「アカウント」を守るためにも、インターネット上の仲間や、家族に迷惑をかけないためにも、ぜひ設定を検討してみてください。

ISSの「情報」への取り組み

情報共有サーバー(ISS)では、「情報」を取り扱い、運営をする団体として、様々な取り組みを行っています。

  1. 情報提供などがあった場合、団体として対応・対処を行う前に、情報の事実確認などを行っています。
  2. 誤った情報を共有・発信することのないよう、確認を行っています。
  3. 団体の透明性を維持するため、「活動報告」などの公開を行っています。
  4. 団体で取り扱う情報は、外部に漏洩することのないよう、特に重要な情報については、厳重に管理を行っています。
  5. 誤った情報の送信を発見した場合、削除などを行います。

このページは役に立ちましたか?