情報共有サーバー加入サーバー及びBOT共通ルール

第1章 このルールについて

第1条 このルールは、全ての情報共有サーバー加入サーバー(以下、加入サーバーとする)に令和二年(2020年)6月27日(水)に公開し、同年の7月1日(水)より、適用されるものである。また、同年の8月29日(土)に最終更新が行われ、同年の9月1日(火)に適用されたものである。このルールは、情報共有サーバー代表・責任者「うっちーきあ/uttiikia#9456」が考案し、情報共有サーバー関係者で修正等をおこなったものである。尚、このルールと、情報共有サーバー加入サーバー及びBOT(以下、加入サーバー及びBOTとする)のルールの内容が異なる場合、このルールが優先して適用されるものとする。

第2条 このルールは、加入サーバー及びBOTに入場した時点で、同意したものとみなす。また、このルールの更新等があった際に、確認することを義務付ける。

第3条 ルールの更新は、必ず、更新の3日前までに公開し、その後適応させることとする。

第4条 このルールの無断転載、複製を禁止する。

第2章 対処について

第1条 情報共有サーバーネットワーク(以下、当団体ネットワークとする)の関係者は、全ての加入サーバーに対して、グローバルBAN、グローバルKICK、グローバル行動制限、グローバルチャットBAN、グローバルチャット行動制限を行うことが可能である。また、各加入サーバーでBAN、KICK、行動制限等を行うことも可能である。また、この情報を加入BOTに提供する。

第2条 ルール違反などが行われた時刻等が不明な場合、報告などが行われた時刻に適応されていたルールを適応するものとする。

第3条 Discordの仕様上、BANの対処を受けていてもユーザーID(アカウント)とIPアドレスを変更すれば再びサーバーに接続することができる。しかし、情報共有サーバー及び加入サーバーから対処を受けているユーザーが再度サーバーに接続することを禁止とする。確認された場合は、既に受けていた対処と同等もしくはそれ以上の対処を行う。

第3章 対処における事実確認について

第1条 報告は、レポート機能を使用し、スクリーンショットや、動画を添えて、行うことができる。なお、スクリーンショット等が不要である場合は、送信しなくてもよい。

第2条 聞き取り調査を通話等で行う可能性がある。

第4章 禁止事項及び遵守事項

第1節 送信における禁止事項及び遵守事項

第1条 他のDiscordサーバー及びDiscord BOTへの被害拡大防止のため、Discordサーバー及びDiscord BOTの招待URLの送信を許可されたユーザーを除き、禁止する。

第2条 同一の内容を複数回送信する行為は、迷惑行為に当たるため、禁止する。

第3条 特定に発展する恐れがある個人情報の送信、要求を禁止する。

第4条 不適切な内容の送信を禁止する。

第5条 混乱を招く内容の送信を禁止する。

第6条 不快に感じる人がいると推測される内容の送信を禁止する。

第2節 その他の禁止事項及び遵守事項

第1条 加入サーバー及びBOTの運営及び、当団体ネットワークの関係者の指示に従うこと。

第2条 Discordの利用規約に違反しないこと。違反を確認した場合、報告作業を行う場合がある。

第3条 虚偽の報告は、混乱を招くため禁止する。

第4条 適したチャンネルの使用をすること。話題などに、関連する内容であれば可能。

第5条 サーバーへ負荷をかける行為を禁止する。サーバーへの入退場を複数回繰り返す、BOTに大量の命令を行うことなどがこれに該当する。

第6条 喧嘩などの争いごとをしないこと。

第7条 BOTで通話、チャット等を妨害する行為を禁止する。

第8条 金銭のやり取りは、原則禁止とする。尚、金銭のやり取りで生じた問題については、罰金刑等を行うものとする。

第5章 ISS BOTシステムについて

第1節 グローバルBANについて

第1条 グローバルBANでの対処は、重大な事態が発生した場合に情報共有サーバーネットワーク運営委員会の判断で行えるものとする。

第2条 不当な理由によるグローバルBANが行われた場合、グローバルBANの解除、名誉の回復等を行い、情報共有サーバーネットワーク側からサポートすることとする。

第2節 グローバルKICKについて

第1条 グローバルKICKでの対処は、問題が発生した場合に情報共有サーバーネットワーク運営委員会の判断で行えるものとする。

第3節 グローバル行動制限について

第1条 グローバル行動制限の対処は、重大な事態が発生した可能性がある場合、的確な対処が判断できない場合に、一時的にグローバル行動制限を情報共有サーバーネットワーク関係者の判断で行えるものとする。

第2条 不当な理由による場合を除き、グローバル行動制限解除後、役職は修正されません。ただし、申請があった場合は、サーバーログをもとに、復元する場合がある。詳しくは、情報共有サーバー(ISS) Official Serverに問い合わせる必要がある。

第4節 グローバルチャットについて

第1条 グローバルチャットには、当規約が適用されるものとする。

第2条 グローバルチャットで、規約違反が確認された場合は、即グローバルBAN等を行えるものとする。

第5節 レポート機能について

第1条 レポート機能では、被害報告及び対処依頼を行えるものとする。

第6節 認証システムについて

第1条 加入サーバーを利用する際に、認証を義務付ける。

第2条 認証で取得した年齢データは、厳重に扱うこととする。

©2019-2020 情報共有サーバー

このページは役に立ちましたか?